プラズマローゲンの抗酸化作用について

プラズマローゲンは、抗酸化作用を持つリン脂質の一種で、哺乳動物の全ての組織に存在しており、人の体にはリン脂質の約18%を占めています。

脳神経細胞や心筋、リンパ球などに多く含まれており、細胞の根元的な機能をコントロールする働きがあります。

65歳以上の4?5人に1人が認知症と予備軍と言われ、年齢を重ねると物忘れは認知症に繋がることも知られています。

認知症とプラズマローゲンについて

認知症はできれば予防したいものですが、認知症を予防し改善するなど脳の機能の改善効果が期待できるのがプラズマローゲンです。

認知症のサプリではイチョウ葉、青魚のDHAなどが効果的と言われていますが、予防はできても改善までは難しいものです。

プラズマローゲンは、脳を再生する働きがあり、人は本来持っているものですが、失われることで記憶障害が起こるということが報告されており、認知症の予防や改善にはプラズマローゲンを補うことが良い選択にもなるのです。
認知症になる原因には病気、ストレスなど様々な要因が考えられますが、実は70%が生活習慣が原因と言われています。

原因になりやすい生活習慣は、偏った食生活、運動不足、アルコールの飲み過ぎやタバコの吸い過ぎなどです。

プラズマローゲンの効果について

性格も自己中心的、わがまま、几帳面、非社交的などの性格は比較的なりやすい傾向にあります。
プラズマローゲンはリン脂質という頭の健康に不可欠な栄養成分で、もともと脳に含まれている成分です。体を構成する細胞に大切な資質のひとつで、プラズマローゲンが減少すると情報伝達に関わる細胞の働きが低下する可能性があります。また脳の中の老廃物を排出する作用もあり、脳の血行が良くなって認知の低下を和らげたり、体調全般が良くなったり、気持ちも若がえるなどの効果を得ることが期待できます。
プラズマローゲンを摂るならサプリメントです。

もともと体の中にある存在する成分でもあるため副作用などの心配はなく、国産の安全なサプリメントを選ぶことで安心して摂ることができ、認知症の予防や改善効果を期待できます。こちらもどうぞ⇒プラズマローゲンサプリを比較