閉経後にかかりやすい病気

閉経後は病気に直結する体の不調がでやすくなります。50代以降の閉経後に気を付けておきたい数値について書きます。
コレステロール値、血圧、血糖値、骨量です。コレステロールはホルモンの原料になりますが、閉経後、女性ホルモンが作られなくなるとコレステロールが余って血液中に残る状態になります。

そのため、血中コレステロールの値が高くなるのです。

そのまま放っておくと血管壁に入り込んで「動脈硬化」の原因になります。血流を悪くしないために動物性脂肪は取り過ぎずに、血液サラサラ効果のあるEPA、DHAが多く含まれている魚がおすすめです。その他の、血圧、血糖値、骨量はまた、次の機会に!