白内障のレンズは多焦点?単焦点?

白内障の手術を受ける人が15年前の2.5倍になってるそうです。
昔は本当に見えなくなってきてから手術する人が多かったようですが、今は車の運転をする人が多いので、「運転に支障がでそうだから手術を決めた」という人が多いんだそうです。

手術は白く濁った水晶体を削って、新しいレンズを入れるだけなので簡単だ!みたいな情報が多くネットでも見られますが、眼科の先生が持つウデがとても大事なんです。

多焦点といって近くと遠くの両方に焦点があるレンズは保険適用外で高いものは両目で100万円もします。一方、昔からのレンズで単焦点は保険適用内で手術可能です。

これだけ聞くと、多焦点レンズの方が高級だから全てにおいて多焦点レンズが優れていると思われるかもしれないですがそれは間違い!
目の形や、ふだんの仕事が焦点が遠くにしがちな仕事なのか、近くに焦点をおくことが多い仕事なのかによっても違います。

取り除く前のレンズ(水晶体)は厚さを筋肉で調節してくれることで、遠くのものを見たり、近くのものを見たりできるようになっています。
ですが、レンズは厚さを調節する機能はないので、近くに焦点を合わせるだけ(単焦点)か、近くと遠くの2点に焦点を合わせる(多焦点)レンズなのかの違いです。
多焦点レンズを入れれば、若い時同じようになんでもキレイに見えるというものではないことは理解しておいてくださいね♪

もし、眼科で白内障でも緑内障でもなく、他の目の疾患でもないと診断されたとします。
それでも、目の疲れから午後になったら目が見にくくなったり、しょぼしょぼするという症状がでる場合は、眼精疲労サプリを試してみるとよいでしょう。

参考サイト ⇒ 眼精疲労サプリ 効果

↑こちらのサイトでは、おすすめの眼精疲労サプリ、効果やおすすめの理由がきちんと書かれているので参考になると思います。

ルテインという成分が重要です。どの眼精疲労サプリにも入ってるいる成分ですが、質や量に違いがあって、値段が高いから良い眼精疲労サプリというわけではありません。

このサイトでは、コスパの良い眼精疲労サプリを紹介してくれているので、どれを選んだらわからない人は目を通してみると良いでしょう。